ロサンゼルス留学の特徴

「ロサンゼルス」

 

「ロス」「LA」などとも呼ばれる街がどんな街か、皆さんはご存知でしょうか?

 

ロサンゼルスはアメリカの西海岸、カリフォルニア州にあります。よく勘違いされるのですが、ロサンゼルスはカリフォルニア州という州の中の一都市です。北海道に札幌市があったり、沖縄県に那覇市があるのと同じ感覚です。そして、カリフォルニア州にはロサンゼルス市以外にも、サンフランシスコ市やサンディエゴ市などの大きな都市があります。

 

ロサンゼルスというと、皆さんはハリウッドの映画やディズニーランド、ユニバーサルスタジオなどを思い浮かべるのではないでしょうか?そうです、それがロサンゼルスです。つまり、エンターテイメント都市であり、映画、テレビ、音楽、ダンス、ショーなどなど、エンターテイメントにまつわるものが全部大集合したような街です。

 

街はとても広大で、アメリカ第二の都市でありながら、どこかゆったのんびりした雰囲気を持った街です。高層ビルもダウンタウンの一角にしかなく、他はすべて低層階のビルや一軒家が広々と並んでいます。「東京の様な都市は疲れるから、もう少し落ち着いた街が好き」という人には合う街だと思います。

 

気候もとても良く、夏はカラッとした暑さ、冬もあまり寒くなりません。コート無しで過ごすことも場合によっては可能です。雨もほとんど降らないため水不足になることはありますが、ビーチがすぐ近くにあることもあり、晴れの日に海辺でゆったりとカフェで過ごしたりビーチで本を読んだりというのが市民の楽しみ方となっています。

 

そんなロサンゼルスは、日本人を初め、世界各国の留学生を惹きつける街でもあります。特にアジアに近いその地理的要素もあり、日本、韓国、中国、台湾、タイ、ベトナム、インドネシアといったアジアの留学生が多い街でもあります。それがまた、アメリカに初めて留学する方にとっては入りやすい環境を作る一因ともなっています。語学学校に行けばアジア人がたくさんいますし、日本人の口に合うアジア料理のレストランも豊富にあります。もちろんお寿司やラーメンをはじめとした日本食レストランも豊富にあります。

 

逆に、そこまで日本人にとって優しい環境だと、英語が伸びないのではないかという心配もあるかも知れませんが、そこはそんなに心配する必要はないと思います。日本人やアジア人が多いと言ってもロサンゼルスの人口の大きさを考えるとごく一部ですし、人気の留学先都市であるがゆえ、語学学校もたくさんあり、そんなにアジア人が少数の学校に集中しているということもないからです。それでももちろん、日本人が3~4割ほどを占める語学学校も中ありますが、逆にいえば6~7割の生徒が外国人と考えたら、「日本人が多すぎて英語の勉強にならない」という言い訳にはならないと思います。(ロサンゼルス留学の情報はこちらのサイトを参考にされると良いと思います。)

 

その他の特徴として、語学留学だけでなく、エンターテイメント都市の特性を活かして、ダンスや音楽関連の留学をする人が多いことです。このような留学生は、午前中は語学学校、午後はダンススクールやミュージックスクールに通うというのが定番となっており、英語プラスαで学べるという点で人気があります。語学学校の中には、ダンススクールやミュージックスクールと提携し、上記の様なダブルスクールの留学を積極的に支援している学校もありますので、興味がある方は活用してみると良いと思います。

 

ロサンゼルス留学のデメリットとしては、街が広大であるがために、場合によっては車が欲しくなる可能性があるということです。もちろんバスはたくさん走っており、十分に市民や留学生の足となり得ます。一部では、地下鉄を使うこともできます。ですが、車を中心とした街づくりになっているのも事実ですので、もしお金に余裕があり、長期留学を検討されている場合は車の購入を考えてみても良いかも知れません。この場合は、帰国する留学生から直接個人売買などで買うと、ディーラーを通すよりも安く買える場合がありますので、語学学校の掲示板などをチェックしてみると良いと思います。

PR
ページランク別相互リンク集|相互リンクダイレクト|相互リンク募集サイト|MY2-Link|seoリンク|相互リンク募集中|PagerankExplore|チャットレディ|全身脱毛どこがいい|オーディオ|オンラインで学ぶ語学習得法|